真壁とは!?について語る。そのメリット・デメリットも正直にお話しします。

サイエンスホーム諏訪店・店長の奥寺です!

サイエンスホームの特徴でもある『真壁』(しんかべ)
では、真壁とはどういうものなのでしょうか?

『真壁』とは、柱や梁が現しになっている日本の伝統工芸です。

真壁の他には何があるかと言いますと
一般的には『大壁』(おおかべ)と呼ばれる
柱や梁を壁で隠す仕上げとなっています。
なお、現在、日本の家のほとんどが大壁となっています。

真壁は、木の魅力を取り入れた家づくりができることです。
塗料の色により、落ち着いた雰囲気や古民家のようなカッコいい雰囲気など
お好みに合わせて選ぶことができます。
真壁と聞くと和室をイメージされる方もいるかと思いますが、
ナチュラルな優しい雰囲気の洋室にもマッチします。

真壁のメリットとして、やはり最大の特徴は、
木材が室内に露出しているため香りなどを楽しむことができ、
リラックス効果や集中力が期待
でき、
自然素材が持つ調湿効果のメリットをより感じることができます。

大壁と比べたときのデメリットとして、
『耐震性や断熱性が劣ることがある』と言われています。
真壁の場合、壁が薄くなる分壁目いっぱい断熱材を入れることができないので、
その分、断熱材のスペースが少なくなるとも言われていますが、
サイエンスホームの場合、外張り断熱になっているので、
真壁で壁が薄くなったとしても大丈夫なようになっています!

また、耐震性に関しては、真壁は面材の耐力壁を使用できないケースもあるため、
大壁と比べて耐震性が落ちるとも言われていますが、コチラも大丈夫です。
サイエンスホームの場合、建物の外周側に耐力壁を設けてあり、
在来工法にツーバイのパネルを合わせたハイブリット構造にもなっています。

ご安心ください!

サイエンスホームのお家には、沢山の工夫が凝らされているんですねぇ。

最新の家づくりを体感できる見学会。
家づくり無料勉強会も開催!

見学会の家はモデルハウスではなく、実際にお客様が建てられた家を見学できます。
無料の家づくり勉強会では住宅ローンや土地探し、住宅メーカーの選び方など講師を招いて行っています。

最新の家づくりを体感できる見学会。
家づくり無料勉強会も開催!

見学会の家はモデルハウスではなく、実際にお客様が建てられた家を見学できます。
無料の家づくり勉強会では住宅ローンや土地探し、住宅メーカーの選び方など講師を招いて行っています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サイエンスホーム諏訪店 店長

目次